磁気熱分解装置の消費電力

有機物磁気熱分解装置は、今後、あらゆる産業に対して導入の可能性があります。
事業特製や運用、または現在抱えている問題の解決手段として導入ケースをご紹介します。

1.賞味期限切れ食品の自社内での処理

賞味期限切れの食品や食材の廃棄を外部に依頼しているが、その委託会社が適切に処理を行わず、転売された。
などの問題がニュースになることがしばしばあります。

食品廃棄物

食品加工業者では、磁気熱分解装置を導入することで上記の問題を解決しています。
自社内で食品廃棄物の処理を行うことで、廃棄物の不正利用を防ぎ、廃棄物の量を最小化しています。
また、燃料を使わないため、廃棄物処理コストが大きく削減できます。

2.伐採した木材の枝や葉から電気を作る

植林の管理上、適正な枝落としなどが必須ですが、ダイオキシンの発生やCO2削減のため、枝の焼却などが難しい状態です。
しかし、なんらか方法で処理しなければ、腐ってしまってガスが発生したり、廃棄するためには延々と廃棄料金がかかります。

枝葉の廃棄物

そこで、磁気熱分解装置を導入し、木材や枝葉を熱分解することで廃棄物を大きく減量し、廃棄コストを削減しています。
また、熱変換したエネルギーを温水や電力に再利用できます。

3.医療系廃棄物を病院内で無害化・減量化

病院で排出される医療系廃棄物は一般廃棄物に較べて取り扱いが難しく、廃棄・輸送コストがかかります。
また、医療系廃棄物の不正投棄や不正利用による環境破壊や健康被害の問題も発生しています。

医療系廃棄物

そこで、病院の敷地内に磁気熱分解装置を導入することで、医療系廃棄物を無害化・減量化し、廃棄コストを大きく削減しています。
廃棄物は熱分解により、長時間にわたって熱源にさらされ、菌は死滅します。
病院内で医療系廃棄物を処理することが、廃棄物の不正利用を防ぎ、コスト削減に貢献します。

4.医療施設・介護施設での紙オムツの廃棄コスト削減

医療施設や介護施設で排出される廃棄物のうち、紙オムツの量が年々増えています。
そこで、施設から排出される紙オムツなどの廃棄物を減量する必要性が高まっています。
しかし、紙オムツを焼却した場合、紙オムツに含まれる高分子ポリマーが残渣として大量に残ってしまいます。
また、石油系成分を含むため、ダイオキシンなどの有害物質が排出される危険性も高まります。

紙オムツ廃棄物

そこで、医療・介護施設内に磁気熱分解装置を導入し、紙オムツなどの廃棄物を処理することで、廃棄コストを大きく削減することが可能です。
磁気熱分解装置により、高分子ポリマーも熱分解にて有害物質を出さずに分解し、最小化されます。
また、運転にかかる燃料が不要のため、廃棄物の処理コストが大きく削減できます。

5.温泉施設での燃料費削減

温泉施設では源泉の温度が低い場合が多く、源泉をボイラーで温める必要があります。
そのため、温泉施設では、温水を作成する燃料コストが大きな負担となっています。

温泉施設

そこで、温泉施設に磁気熱分解装置を導入することで、施設内でのゴミを燃料として温水を作成し、燃料コストの削減を実現しています。
プラスチックなどの石油系廃棄物も安全に分解するため、ゴミをまとめて燃料とすることができます。
また、熱分解による発熱は長時間持続するため、廃棄物の投入回数も少なくてすみます。

6.リサイクル施設での金属類の抽出

廃棄物の中間処理において、廃棄物のリサイクル率の向上が課題となっています。
しかし、廃棄物のリサイクル処理において、ワイヤーハーネスやコンピューター基板など、金属と石油系有機物が混在している廃棄物は分別が難しく、コストもかかります。

リサイクル施設

そこで、リサイクル施設では、金属類が含まれた廃棄物から金属類の抽出を行うため、磁気熱分解装置を導入しています。
石油系廃棄物はダイオキシンなどの有害物質を出さずにほとんど消滅し、金属やガラス類のみが残り、リサイクル資源として活用できます。
また、熱分解によるエネルギーを電力として再利用することで、リサイクル率が一層向上します。

7.離島でのゴミ処理問題の解決

離島や遠隔地では、生活ゴミなど廃棄物の運搬にコストがかかるため、廃棄物の減量化が課題となっています。
しかし、通常の焼却施設を導入しようとした場合、建設費用・運転費用・メンテナンス費用が高額になります。
※生活ゴミにはプラスチック類などが含まれるため、高温焼却にて、ダイオキシンなどを無害化する必要があります。また、焼却のための燃料も必要となります。

離島

そこで、離島の自治体や産廃業者に磁気熱分解装置が導入されています。
磁気熱分解装置は焼却施設に較べて、設置費用やメンテナンス費用が低額であり、燃料費もかかりません。
また、熱分解後の残渣物は焼却処理よりも少なくなるため、最終廃棄物の運搬・廃棄コストも削減できます。

8.養鶏場で鶏糞から鶏卵洗浄用の温水をつくる

養鶏場では、毎日大量に排出される鶏糞の処理方法が課題となっています。
鶏糞の堆肥化などのリサイクルも量的な限界があり、産業廃棄物として排出せざるを得ないケースが多々あり、廃棄コストが負担となっています。
また、畜産廃棄物の素掘り・野積みなどによる土壌汚染・地下水汚染や野焼きによる大気汚染なども問題化しています。

養鶏場

そこで、養鶏場では磁気熱分解装置を導入し、鶏糞の熱分解で得られるエネルギーを鶏卵洗浄用の温水として利用しています。
その結果、鶏糞の廃棄コスト削減と、鶏卵洗浄用温水作成の燃料コスト削減を実現しています。

 

株式会社アスミテルジャパン

株式会社アスミテルジャパンは、MG22(磁気熱分解装置)の正規1次代理店です。
導入に関してのご質問やご相談、導入効果に関するコンサルティングなどを行っております。