磁気熱分解装置の消費電力

磁気熱分解装置の発電仕様フロー図

オプションの蒸気発電装置の設置により、発電することができます。
また、蓄電池を設置することで24時間利用することも可能です。

蒸気発電装置の製品仕様

蒸気発電装置

 

型式 JHK22-01
発電能力 DC 2kW以上
(蒸気圧に比例)
作動蒸気圧 0.5~0.8Mpa

 

利用用途

発電した電気を様々な用途に利用できます。
また、バッテリーやコンバーターを設置すると利用用途はさらに広がります。

  • 病院での非常用電源
  • 磁気熱分解装置(MG22)の電源
  • 設備内の照明設備・機材の電源
  • 電動バイクや電動自転車の充電ステーション

株式会社アスミテルジャパン

株式会社アスミテルジャパンは、MG22(磁気熱分解装置)の正規1次代理店です。
導入に関してのご質問やご相談、導入効果に関するコンサルティングなどを行っております。