磁気熱分解装置の稼働で使われる電力

磁気熱分解装置の消費電力

磁気熱分解装置の消費電力は?

磁気熱分解装置は、有機物(ゴミ)の処理自体にはエネルギーをほぼ利用しませんが、実際はどうでしょうか?

通常の導入構成は、下記の装置となります。
①磁気熱分解装置(MG22)
②排ガス浄化装置リアクター

磁気熱分解装置で利用される電気は、投入蓋の開閉時のモーターの電力と、機器全体を管理するコントロールボックスの電源です。

消費電力としては、0.4kw/h程度です。(5㎥タイプ)

排ガス浄化装置リアクターでは、排ガスを強制的に吸引するためにブロアーが装着されていますが、インバーター制御により低電力で動作しています。

消費電力としては、0.2kw/h

磁気熱分解装置の運用時消費電力料金は?

1時間の消費電力が、磁気熱分解装置(本体)と排ガス浄化装置リアクターの合計で、わずか0.6kwです。

1日の使用電力は、0.6kw×24時間=14.4kw
1ヶ月の使用量は、14.4kw×30日=432kw

1kwあたりの単価を20円とすると・・・

1ヶ月:864円の電気代です。
(基本料金等は計算に含めていません)

まとめ

有機物やゴミの処理の運用では、ランニングコストは重要です。
処理自体に電力を使っていないため、磁気熱分解装置では電気代がほぼかかりません。

運用時のコストを抑える事で、減価償却もスムーズに行えます。

 

株式会社アスミテルジャパン

株式会社アスミテルジャパンは、MG22(磁気熱分解装置)の正規1次代理店です。
導入に関してのご質問やご相談、導入効果に関するコンサルティングなどを行っております。